甘味と和食 香穂

2020.10.13

コンセプト

七条川端の東側 京都国立博物館や三十三間堂が立ち並ぶ界隈に佇む、甘味と和食の店。
観光客も地元京都人も立ち寄るその場所には、観光的な視点の京都と、地元として誇れる京都との二つの視点からの京都らしさが求められます。
本店舗では、白木の美しい木目を基調にデザインを整え、高い天井高さを活かした垂れ壁で、リズミカルな華やかさを創り上げています。
機能に必要な要素それぞれにデザインを取り入れ、無駄を省きながらも余裕を感じる大人な空間になっています。